2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
妻籠
- 2008/11/16(Sun) -
妻籠 街道 宿屋

岐阜県と長野県の境にある馬籠峠を挟むように

岐阜県側に馬籠宿、長野県側に妻籠宿があります。

柿其渓谷を見学した後、午後4時頃に到着しぷらぷらと見学しました。





妻籠 暖簾 中山道

えー、間違いなく妻籠(つまご)ですね。



妻籠 唐辛子 笊 赤

綺麗な赤ですねー



妻籠 街道 中心部

あ、手前のご夫婦が写っちゃった。



妻籠 街道 カップル

旅行雑誌にもよく紹介されていますね。
右上のお兄さんは私同様写真好きなんでしょう。大きなカメラを(多分中判)持ってますね。
後ろの夕日に照らされた山が綺麗です。



妻籠 街道 食事処

食事処に目が行くおじさま
んーその気持ち、よくわかりますw
私たちも散策後、一軒の蕎麦屋さんを覗いたんですが
「終わり」と言われてしまいました。(午後5時)
ざーんーねーーん!(-_-)







最後に、ひさーしぶりのマンホールです。(^▽^;)


妻籠 マンホール 二重

二重になってますね。なぜでしょうね?
南木曽町と書いて「なぎそちょう」です。





いやー、1日朝の自分の大遅刻さえなければ、
本当に良い日でした。天気も快晴で。(^▽^;;)

帰り道、中津川でこの季節には最高!
すやの「くりきんとん」を買って食べて帰りました。
川上屋も有名なんですが、たまたますやが帰り車線で、川上屋は反対(長野方面)車線だったので。

とっても栗くりしい甘さでおいしかったです!
ぜひ皆さんもご賞味あれ。





次回は、西へひとっ飛びして 伊吹山ドライブウェイ です。


スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<謹賀新年 | メイン | 柿其渓谷>>
コメント
- -

成さん おはようございます

懐かしいですね~
40年前と少しも変わっていなく..

変わったと言えば
路面が舗装された事と
マンホールの蓋くらいでしょうか(笑

この景観..
いつまでもこのままであって欲しいですね^^


2008/11/17 04:56  | URL | ピーマン #RLJHUpTs[ 編集] |  ▲ top

- ピーマンさんへ※ -

ありがとうございます。

40年前と一緒ですか^^
それどころか江戸のころから変わっていないのでしょうね。

このままであって欲しい、と思います。
ですが合掌造り同様、保存することの難しさも想像されます。
2008/11/20 00:07  | URL | 成 #dp3nlOkg[ 編集] |  ▲ top

- -

古い町並みが今も残る、
素晴らしいことですね♪
タイムスリップしたような感じを受けます~!
2008/11/23 17:37  | URL | narugami #oyV.6EWY[ 編集] |  ▲ top

- -

成さん ひとり・・・?。
じゃないよなぁ・・・今度載せてくださいな・・・。笑)
2008/11/23 19:15  | URL | ひげ #-[ 編集] |  ▲ top

- narugamiさんへ※ -

仕事が一息ついてさっそくのご訪問ありがとうございます。

タイムスリップして袴で行った方がよかったかしら?
外国人の方もみえましたので、こういった観光地では着物での接客も集客効果があるでしょうね。

2008/11/23 23:02  | URL | 成 #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

- ひげさんへ※ -

ありがとうございます。

じゃないですけど、その要求にはお答えできかねます!
一年位前に遠めの横顔シルエット載せましたけど。
2008/11/23 23:04  | URL | 成 #dp3nlOkg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://naru03.blog116.fc2.com/tb.php/48-98c5bdc9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。